au住宅ローン審査に関する良い口コミと悪い口コミ

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、自分の家を購入する際には必ずauの住宅ローン審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですから、銀行のauの住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

マイホームを現金一括で購入する。

という方はまず、一般的には少ないでしょう。

世間一般には、住宅ローンで借金をするのが普通です周りで借金を返している人の話を聞くと毎月の支払を指摘する人が圧倒的です。

支払は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますし人生何が起こるか解りません。

途中で病気に倒れる可能性もあります。

だから、慎重にリスクを考えローンを組みましょう。

auの住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月に返すお金が減るのでとても楽になります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、繰上げ返済を利用してみてはいかがでしょうか。

auの住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが厳しい審査が待っています。

変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

また、それに加えフラット35の審査特徴として一般的な住宅ローンと一緒です。

ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですが特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、一時的に補う目的で借りるローンの事です。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるため工事をしている期間には、以上のようなローンを組む方もいます。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、今後も長く利用できるように計画をねっていきましょう。

auの住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えを考えている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えOKという所はほとんどありません。

借り換えにはそういったケースも含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。

今後、住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得するこれを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して税金を減らして他の事にお金を使えるようになると良いですね。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも申し込みをする事ができます。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で必ず合格するといった物ではありませんので、注意してください。

今ではauの住宅ローンにもいくつか種類があるので、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、これだと自信を持って言えないというのが現状です。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

利息の代金も完済するまでは払わないといけないので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

殆どの場合、FPの資格を持っている仲介者が多いためプロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。

申し込む場合は近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし忙しく人はインターネットバンキングというのも一つの手法です。

または、不動産屋から紹介される金融機関にするやり方もあります。

申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合10年間、控除を受けることができます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないので確定申告を自分でする形になります。

今までの人生の中で一番高く大きな商品ともいえる、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

まだローンを組む銀行が決まっていないという方も、借り換えを希望している方もまずは口コミを参考にしましょう。

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

人気の秘訣は何といっても金利の安さにあるでしょう。

繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

けれども中には悪い評価をしている方がいるのも事実です。

実際にスタッフに問い合わせるなど自分でも確認してみましょう。

万が一、auの住宅ローンを返済している時に失業した場合その後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。

一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。

クビになった原因が会社側か自分にあるのか、内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。

申請した内容がきちんと反映されば一年間は保証されるので、もう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。

auの住宅ローンは住宅購入の時に役立つものです。

銀行や信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

大事な点は職業のほか、務めている年数、年収が主なポイントになります。

かつ、過去にお金に関するトラブルがあったかどうかも判断されるので万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申し込みをした方が後々自分のためになります。

住宅購入の際に役立つものがauの住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。

それにより、確実に通る。

というものではありません。

通らない方ももちろんいらっしゃいます。

ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

引用:au住宅ローンの審査は甘い?auスマホのメリットは?【徹底研究】