証券会社は証券を売買する会社

証券会社とは証券を売買するための会社であると考えればよいでしょう。
証券としては株式や債券、あるいはデリバティブと呼ばれる金融派生商品などがあります。
株式の多くは証券取引所で売買されますが、普通の投資家は証券取引所で直接売買せずに証券会社を通して売買する事になります。
なぜ証券取引所で直接売買をしないのかというと、それをするためには非常に高額な費用が必要となるからです。
ですから証券会社を通して売買する投資家が多いのです。
投資家が株式を保有したいと思ったときには、まず証券会社に注文を出します。
そして証券会社が証券取引所で売買をしてくれるのです。
過去には実際に証券会社のディーラーと呼ばれる人が相場に立って、人対人で売買を行っていたのです。
ですから、株式を売買する手数料を「売買委託手数料」と呼びます。
つまり、売買してくれる事をお願いするための手数料と言えるでしょう。
最近ではインターネットを通じて瞬時に処理が行われますから、この流れが分かりにくいと思いますが、インターネットを通じて売買した場合であっても、売買注文はまず証券会社のサーバーへと行き、そして証券会社のサーバーから証券取引所の取引システムへと注文を出すようになっています。
債券についても証券会社で扱われる事が多いようです。
債券には国が発行する国債や地方自治体が発行する公債、民間企業が発行する社債などがありますが、これらの債券も証券会社で購入する事ができます。
つまり証券会社は有価証券の売買をする場所だと言えるでしょう。
岡三オンライン証券評判は?低コスト【手数料格安】