ランドセルの色選びで気を付けたいポイント

最近は居間で勉強をする子供が増えているそうです。

居間での学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない箇所を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンをどこに置くかです。

ただリビングに置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアを活用してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在居間に置いてあるラックの一部をランドセル用に使う、床に放置することが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは祖父母と一緒に子供連れの家族がランドセル売り場に一緒に来ている光景です。

ここではおそらく見に行くことの多いイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルの良い点は様々な種類や色など、幅広いラインナップから試して選べることと6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしては選べる幅が広いので親が考えていなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

この前、来年の卵割に向けてランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を調べると学習院モデルではしっかりとした箱型で低学年の頃など少々手荒く扱ってしまう時期に似ている機能の製品も多く見受けられます。

他にも背カンの部分にはフィットちゃんが施されているので思い教科書の負担が減り徹底して使いやすさにこだわっているようです。

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

ネット上の調査によると7月?10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは生産数の問題から夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系など少量生産のブランドランドセルを狙っている場合は早いうちから情報を集めるなど動いておかなければいけません。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、仲の良いお友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメの購入時期は年末年始のタイミングです。

年末の決算や初売りで安くなっていたり、入学3ヶ月前なら体型も変わりにくくなので体に合ったものが選びやすいです。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセルだったと思います。

自分が親になり子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると2000年代前半くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに今では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の家庭ではどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後数年経過してからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男子・女子ともに丈夫さが1位になっています。

このアンケートからは色はあまり関係ないことがわかりました。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも面倒だし通販で済まそうかなという人もいるのでは?通販で購入するのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場へ行って現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さやサイズはわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや色などがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、刺繍などのデザインや細かいこだわりも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷ってしまうこともありますよね。

みなさんが小学生の時に通学する際のカバンは何を使っていましたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル本体のデザイン性が高まり見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルの汚れ防止にランドセルカバーの需要も増えてきています。

男女両方で人気のデザインはランドセルのデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのものが人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

初めてのことはどんなことでも不明点だらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものを初めて選ぶのは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみましたので参考にしてください。

まず、ランドセルメーカーは大まかに3タイプに分類できます。

製造から販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで完全に任せて販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている企業の製品の質はまず間違いないです。

次にオススメできるのは販売のみ行う企業です。

別業界の有名ブランドの製品がこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランドに沿っているか厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

何年か前にタイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する活動がありましたね。

寄付する気持ち自体はもちろん素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人も少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と話しており子供達の支援が広がるきっかけになればというところがメインだったようです。

皆さんも人にプレゼントする際は受け取る相手が本当に欲しいものは何かを考えて贈りたいですね。

暑くなって来て「ラン活」が本格化する時期になって来ました。

ラン活とは来年度に子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活時に気になるのは値段の相場という人も多いと思います。

1番人気の価格帯は4万円台となっており市場には1万円台?と安価な製品もあるようですが約70%の人が3万円台?5万円台を選んでいます。

6年間背負い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら実際に販売員をしていた方の言葉を参考にするとリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景がもはや夏の風物詩になってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについてチェックしておきましょう。

まず、先輩ママ達が最も重要視していた色やデザインは「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたデザインが小学校高学年になって趣味が変わるのは大いに考えられます。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうという場合もあります。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

最近の夏は来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

はじめはネットで値段をチェックする方も多いと思いますがランドセルの価格が意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した小学生のランドセルの平均価格は45.000円以上だったようです。

なぜ価格が全体的に高くなるのかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや色やデザインの種類が年々増えているので開発費がかかるためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談してみましょう。

小学校を卒業した際に悩む方が多いのが使用しなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として作られているため撥水性や強度が高いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているから捨てられずかと言ってそのままでは使えないので押入れに入れるとしても邪魔になってしまいます。

例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では色々な色やデザインが登場しています。

では、もう定番のカラーやデザインは人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

確かにここ数年、水色やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は1番、2番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色合いや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが開かれているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は4月頃にはラン活をスタートていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている人が多いようです。

工房系の製品は店頭販売せず通販限定になっていることも多くできれば実物を試しておきたいですよね。

そのため4月下旬頃から展示会を行っている様々なメーカーが集まる合同展示会もあるので利用してみてはいかがでしょうか。

引用:フィットちゃん買いました!評判どおり?【口コミ感想は?】